今までの写真ココに置いときマシタ。おヒマな時にでも*ぽちん*とクリックしてみてね♪

2006年02月06日

置いてきぼり

20051116 1593.jpg

夕暮れ時
イスに腰掛けた老人と
ひざの上であくびをする猫

裸電球の明かりが
ひっそりと
だけど
あったかく二人を照らす
赤、青、おれんじ色のアメ玉も
宝石みたいにキラキラ輝いて

ここは
置いてきぼりの古びた駄菓子屋





posted by kyoka at 15:36 | Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
きっと
こんなふうに目を留めてくれる人がいるから
今もお店を開けているのだろうね。(^_^)
Posted by pica at 2006年02月06日 20:55
駄菓子屋さんなつかしいなぁ・・・
オレの近所の駄菓子屋さんは、おでんを置いてたっけ・・・

相変わらずkyokaさんの写真は雰囲気があるねぇ
Posted by やわらかイカ Z at 2006年02月06日 20:58
picaちゃま
うん。いつまでも続けてほしいよね
なつしい思い出が詰まったお店

やわらかイカちあゃま
へえ おでん...美味しそうだねっ
師匠に褒めてもらえて
うれすぃです
Posted by kyoka at 2006年02月07日 16:48
駄菓子屋さん、いいね

もう2軒くらいしか、なくなっちゃった

最近は、ドンキホーテでも売ってるけど
やっぱり駄菓子は、ちっちゃい古い店先で
おばぁさんやおじぃさんが売ってるのがいいね。

ふがし、よく食べたなぁ
それから10円玉のパチンコ!
なつかしーね
Posted by st_eve at 2006年02月08日 20:05
st eveしゃん

十円だまのぱちんこぉー
やったやった楽しかったねっ♪
ピンクレディーのカードを一生懸命集めました

あじのある駄菓子屋さん。いつまでも残っていて
ほしいね。今の子供たちのためにも
Posted by kyoka at 2006年02月08日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。